20140907_018.jpg

立山登山(立山黒部アルペンフェスティバル参加!)の基本情報


登山日 2014年09月06日(土)~2014年09月07日(日)
天気 雨のち曇り
参加者 9人
コースタイム 往路:雷鳥沢キャンプ場(5:30)~大汝休憩所(7:45)~大汝山(7:55)~(8:15)雄山(8:45)~(9:25)一の越山荘(9:45)~(10:40)雷鳥沢キャンプ場・テント撤収(11:35)
復路:雷鳥沢キャンプ場(11:35)~室堂(12:25)
その他 特になし。
立山登山 前編に引き続き、後編のスタートです! 本日は3:00に起床し4:00から行動開始する予定だったのですが、前日の夜から強めの雨が降り続き、テントの中で雨雲レーダーを確認しながら待機・・・。 5:00頃にようやく雨もあがり、行動開始! ガスガス&小雨が入り混じる中、大走りルートを駆け上がり、予定通り全員で雄山山頂に立つことができました☆ 次第に青空も広がり、後味良しの山行になりました(^^)v



立山登山(立山黒部アルペンフェスティバル参加!)の登山口付近の地図



大きな地図で見る


立山登山(立山黒部アルペンフェスティバル参加!)の登山口付近の地図


20140907_001.jpg 20140907_002.jpg


写真いろいろ


20140907_003.jpg
おはようございま~す!昨日の夜から降り続いた雨でテン場はびしょびしょ(汗)5:00過ぎに雨もようやくあがり、テントから這い出てきました。 なすびはドマドームにてサンジと添い寝w前室広々だったので快適に自炊ができました。

20140907_004.jpg
稜線も全く見えない状態ですが、雄山に向かってGO~!この時点で予定より2時間遅れ、どこまで巻き返せるか!?

20140907_005.jpg
雷鳥沢キャンプ場隣の沢を渡り、大走りルートを進みます。

20140907_006.jpg
お先真っ白な状態ですがトラバースしながら徐々に高度を上げて行きます。気温は10℃前後、小雨も交じるコンディションの悪さ。レインウェアを着込み、黙々と足を進めます(汗)

20140907_007.jpg
おっ!目の前に雷鳥が!暫しの間、雷鳥が先導してくれました。雷鳥は一般的にガスの出ているような天候の時に見ることが多いと言われています。

20140907_008.jpg
真砂岳はスルーし、巻き道から富士の折立へ向かいます。稜線上も真っ白です(汗)

20140907_009.jpg
富士の折立に到着~。立ったまま軽めに休憩を入れ、先を急ぎます。

20140907_010.jpg
大汝山直下にある大汝休憩所が見えてきました。

20140907_012.jpg
大汝休憩所はこんな感じ。有人の休憩所で、売店も備え付けられており、ユニークな食事を頂く事が出来るみたいです。休憩所なので宿泊は出来ません。

20140907_013.jpg
映画「春を背負って」のポスターが貼られています。映画の舞台となる山小屋・菫(すみれ)小屋は大汝山の大汝休憩所が使われました。休憩所内には撮影に使用された 小道具やサインも飾られてるみたいですが、スルーしたため未確認です(汗)

20140907_014.jpg
大汝休憩所裏手をちょっと登った所が大汝山山頂です。全員集合~!

20140907_015.jpg
大汝山から稜線上を20分程歩くとようやく雄山神社が見えてきました!こんな悪天候でも沢山の登山客で賑わっています。雄山神社前は風も弱く、ここで大休憩を取ります。

20140907_016.jpg
雄山神社から雄山山頂方面。雄山頂上には雄山神社峰本社がありますが全く見えません(汗)

20140907_017.jpg
真の雄山山頂に立つためには参拝料(500円)を収める必要がありますが今回は残念な天気のため山頂は踏まない方向でwよって鳥居は潜りませんでした。

20140907_018.jpg
雄山神社峰本社石碑の前で全員集合~!登頂おめでと~う!CTより90分程巻いたため、何だかんだでオンスケになりましたw

20140907_019.jpg
さ、無事に雄山のピークを踏んだ所で下山開始ですよ~。雄山~一の越山荘まではガレガレの登山道を下って行きます。まだまだ沢山の登山客が登ってくるため、 邪魔にならないよう&落石を起こさぬようコースを選びながら慎重に足を進めます。

20140907_020.jpg
一の越山荘が見えてきました。ガスも次第に晴れ、再び雄大な立山を拝むことが出来ました。

20140907_021.jpg
ようやく一の越山荘に到着~。

20140907_022.jpg
一の越山荘から下るとすぐに雷鳥沢キャンプ場への分岐点となります。テントを回収するため雷鳥沢キャンプ場に向かいます。

20140907_023.jpg
まずはガレ場を進みます。

20140907_024.jpg
一の越山荘~雄山の急登を真横から撮影。

20140907_025.jpg
ガレ場を抜けると緩やかな登山道が続きます。この一の越山荘~雷鳥沢キャンプ場ルートも整備中らしく、資材が所々に頃がっていました。

20140907_026.jpg
雷鳥沢キャンプ場のテン場が近づいてきました!一の越山荘から約1時間で到着~。

20140907_027.jpg
早々にテントを撤収し、忘れ物が無いかチェック。お腹ペコペコでのんびりとお昼ご飯を食べたい所ですが、帰りのバス・ケーブルカーの渋滞を避けるため行動食で済ませます。

20140907_028.jpg
さ、後は室堂まで帰るだけ!雄山周回時は荷物をデポし空荷で行動していたため、テントの重さが身に染みます↓↓

20140907_029.jpg
ようやく室堂まで帰ってきた~!

20140907_030.jpg
室堂まで帰ってきた早々にMOUNTAIN HARDWEARのブースに立ち寄り。ネックウォーマーは・・・残念ながら団体様がごそっと持っていってしまったらしく品切れでした(泣) まぁ既にお昼回ってたから仕方ないか・・・代わりにステッカーをプレゼントしてくれました。

20140907_031.jpg
心配していたバス・ケーブルカーの渋滞も殆ど無く、駐車場まで帰ってきました。お疲れ様でした!

20140907_032.jpg
帰りはグリーンパーク吉峰に立ち寄り。2日間の汗を流した後は小矢部SAでお土産を物色して帰路に付きました。


TrackBackURL
→http://mountlegend.blog.fc2.com/tb.php/86-6a332d86