20170401_027.jpg

唐松岳登山(標高2,696m)の基本情報


【登山日】
2017年08月05日(土)
【天気】
曇のち小雨のち晴れ
【参加者】
11人
【アプローチ】
鯖江(3:00)~福井(3:20)~八方第3駐車場(8:00)~八方池山荘(9:00)
【コースタイム】
往路:八方池山荘(09:07)~唐松山荘(11:50)~唐松岳(12:20)~唐松山荘(12:40)
復路:唐松山荘(13:24)~八方池山荘(15:30)~八方第3駐車場(16:30)
【感想/記録 】
今年は週末の天気の巡り合わせが悪く、5月の姥ヶ岳・7月の御前峰(白山)と連続で雨天中止・・・。
今回の唐松岳も2日前まで絶望的な天気でしたが、直前に晴天ではないもののどうにか行けそうな天気になったのでGO!
予想通りガスガスな一日でしたが、最盛期のお花畑とコマクサが見れたので行った価値アリでした☆

唐松岳登山(標高2,696m)の登山口付近の地図




唐松岳登山(標高2,696m)の歩行軌跡(カシミールで作成)


20170805_001.jpg

20170805_002.jpg



写真いろいろ


20170805_003.jpg
色々とトラブルがあり八方第3駐車場の到着が1時間ほど遅れました(汗)今回は八方アルペンラインを利用し八方池山荘まで連れて行って貰います。

20170805_004.jpg
八方池山荘まで往復2,900円ですがモンベル割が効いたので1割引でチケット購入です。

20170805_005.jpg
八方ゴンドラリフト「アダム」を降ります。高低差625.26m、所要時間は約8分です。

20170805_006.jpg
次はアルペンクワッドリフトに乗り換えです。こちらは高低差284.54m、所要時間は約7分です。

20170805_007.jpg
グリーンシーズン中のリフトは低空飛行。お花畑がよく見えますが、足に草がペンペン当たります(苦笑)

20170805_008.jpg
乗車目線で見るとこんな感じです。

20170805_009.jpg
最後はグラートクワッドリフトに乗り換えです。こちらは高低差160.90m、所要時間は約5分です。

20170805_010.jpg
お、八方池山荘が見えてきました。標高1,830mまであっという間に上がってきました。

20170805_011.jpg
八方池山荘で準備を済ませ、ようやく登山開始~!八方池までの散策ルートは観光客もいっぱいなのでなかなかスピードが上がりません(汗)

20170805_012.jpg
手前に大きく見えるのが第2ケルン(息ケルン)、奥に見えるのが八方ケルンです。

20170805_013.jpg
道中はお花畑。シモツケソウ。

20170805_014.jpg
ミヤマゼンコ。

20170805_015.jpg
クルマユリ。

20170805_016.jpg
これもシモツケソウ?

20170805_017.jpg
タカネマツムシソウ。

20170805_018.jpg
お花に癒されてると、ようやく八方池が見えてきました。相変わらずガスガスです(汗)

20170805_019.jpg
残念ながら逆さ白馬岳は拝めず。八方池が波立ってなかっただけに残念!

20170805_020.jpg
さ、ここから先は観光客もがらっと減り、本格的に登山っぽくなっていきますよ~。

20170805_021.jpg
タテヤマウツボグサ。

20170805_022.jpg
シナノオトギリ。

20170805_023.jpg
ハクサンシャジン。

20170805_025.jpg
ウスユキソウ。

20170805_026.jpg
ミヤマワレモコウ。

20170805_027.jpg
オオヒョウタンボク。花の撮影が止まりません(笑)

20170805_028.jpg
扇雪渓。ひんやり冷気が気持ちいい!ですが長居すると身体が固まってしまうので休憩もそこそこに出発です。

20170805_029.jpg
チングルマの実。花が散ったあとに羽毛状の花柱がのびる実を付けます。

20170805_030.jpg
エゾシオガマ。

20170805_031.jpg
樹林帯を抜け唐松岳ロックオン!・・・のはずが全然見えず。仕方ないので花に集中します(笑)

20170805_032.jpg
チングルマ。

20170805_033.jpg
木製の橋を渡っていきます。高度感ありそうですが造りもしっかりしているので特に危険は感じません。

20170805_034.jpg
お先真っ暗ならぬお先真っ白です(苦笑)

20170805_035.jpg
アキノキリンソウ?

20170805_036.jpg
チシマギキョウ。

20170805_037.jpg
うっすら唐松山荘のシルエットが見えてきました。

20170805_038.jpg
八方池山荘から約2時間40分で唐松山荘に到着~!イマイチな天気ですが沢山の登山客で賑わってます。

20170805_039.jpg
唐松岳山頂もこんな状態・・・

20170805_040.jpg
ちょっと遅れていた女子達も元気に追い上げてきました。

20170805_041.jpg
お、ガスが取れてきた!さくっとピークハントしちゃいましょ~。

20170805_042.jpg
っと、その前に唐松岳と言ったらやっぱり「コマクサ」でしょ!他の植物が生育できないような厳しい環境に生育することから「高山植物の女王」と呼ばれています。

20170805_043.jpg
コマクサをアップで。花の形が馬(駒)の顔に似ていることに由来します。見れて良かった~!

20170805_044.jpg
さ、寄り道も終わった所で山頂へ向かいます。一部メンバーはザックを唐松山荘にデポしてきたのでスピードアップ!

20170805_045.jpg
唐松山荘から約30分、唐松岳山頂に到着です。

20170805_046.jpg
本日の女子達全員集合~!皆爽やかスマイルです。

20170805_047.jpg
でもって、ホントの全員集合~!100名山登頂おめでとう!

20170805_048.jpg
登頂の余韻に浸りながら唐松山荘に戻ります。

20170805_049.jpg
五竜岳方面も全く見えず。唐松山荘でしばしのランチタイムを堪能します。

20170805_050.jpg
ランチ後はとっとと下山。扇雪渓あたりで雨に打たれたものの通り雨程度で一安心。不帰嶮もちょっとだけ顔を見せてくれました。

20170805_051.jpg
下界は快晴・・・まぁこんなもんですな(苦笑)小谷村の道の駅で入浴&ご飯を済ませ福井に帰ってきたのは23:00過ぎあたりでした。お疲れ様でした!


Secret

TrackBackURL
→http://mountlegend.blog.fc2.com/tb.php/117-93c3fa66